受験申し込み
問い合わせ先
TEL : 03-3353-9181
FAX : 03-3353-9182
office@fos.or.jp
業務時間 10:00~18:00
休日 土曜・日曜・祝祭日

住所:〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷
5丁目16-6
パレ・ジュノ3階


赤外線建物診断技能師

/赤外線建物診断技能師
赤外線建物診断技能師 2017-10-20T13:54:42+00:00

赤外線建物診断技能師(2011年10月より実施)

太陽光発電設置など自然エネルギー代替の増加、平成20年4月の国土交通省による特殊建築物の定期報告制度の見直しなどにより、建築物の赤外線診断技能取得者の需要が高まっています。診断価格、診断工期の負担軽減、住居者への配慮などから、適切な赤外線診断技術を要する人材の育成が急務です。この認定試験は赤外線による建物診断能力を有しているか判定するものです。

■「赤外線建物診断技能師」は2年毎の資格更新制度があります。■
(資格詳細は一般社団法人街と暮らし環境再生機構までお問合せ下さい。)

試験詳細

■ 試験区分
赤外線建物診断技能師

■ 受験資格
どなたでも受験頂けます。
※公式テキストは一般社団法人街と暮らし環境再生機構ホームページからご購入できます【3,000円(税別)】。
※試験対策研修は一般社団法人街と暮らし環境再生機構で実施

■ 出題科目
①日本における建築物と建物診断
②赤外線診断調査の歴史と現状、応用例
③建築の基礎知識
④赤外線カメラを使用した赤外線診断手法
⑤赤外線カメラを使用した赤外線診断実務
⑥建築基準法改正に伴う特殊構築物定期報告の変更と注意点
⑦長期修繕計画について
⑧赤外線判断の進め方と注意点

■ 試験形態
問題数30問。主に選択式、一部記述式あり。

■ 合格基準
出題内容のうち、7割以上の点数の獲得を合格基準点とします。

・第67回試験(10月~3月)
第67回の日程は下記「第66回スケジュール(10月~3月)」(PDF)をご確認ください。
 第67回スケジュール(10月~3月)  ← PDFよりご参照ください。

1.案内書・願書の入手(①・②いずれかの方法で入手してください)

①当ホームページより下記、試験要項・願書をダウンロードする。
第67回赤外線建物診断技能師 受験要項・願書(PDF) 

第67回の日程は下記、「第67回スケジュール(10月~3月)」(PDF)をご確認ください。
 第67回スケジュール(10月~3月)PDF

②一般財団法人職業技能振興会(TEL:03-3353-9181 または お問い合わせフォームに「受験願書希望」と明記の上、各項目を記入)へ、願書請求依頼をしてください。

2.受験申込み

①出願書類の提出
次の書類の提出が必要です。
・受験願書
・写真2枚(縦3cm×横2.5cm)
1枚は出願時に提出(合格時の認定証作成用)
1枚は後日郵送される受験票に貼り付けの上、試験当日ご提出ください
・受験料振込明細貼付書

上記3点(受験願書・写真1枚・振込明細貼付書)を、出願締切期日厳守でお送りください。
提出先:
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-6パレ・ジュノ3階
一般財団法人職業技能振興会
②受験料払込
※消費税増税に伴い、受験料変更しておりますので、ご注意ください※
受験料13,000円/再受験受験料8,500円

願書出願期間内にお振込ください。
※振込手数料は受験者の負担となります。
※再受験の場合は、受験願書余白に「再受験」とご記入ください。
※願書提出期間を過ぎてからの受験キャンセルは、受験料の返金ができません。あらかじめご了承ください。
※合格者は認定登録料として別途2,000円が必要です(振込手数料は受験者の負担となります)。

【振込先】※受験料・更新料ともに、下記にお振込ください。
三菱東京UFJ銀行 [銀行コード:0005] 田町(タマチ)支店 [支店コード:043] 普通預金 口座番号2519365 財団法人職業技能振興会
* 受験者の都合で受験を取りやめた場合、受験料の返金・他試験への振替・次回試験への振替などは一切行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

3.受験票の交付
・受験申込者には受験票および試験会場のご案内をお送りします。
・受験票に写真1枚(縦3cm×横2.5cm)貼付のうえ、試験当日必ずご提出ください。

4.試験実施
【持参物】
・受験票(写真貼付)
・筆記用具
・電卓
会場の試験監督者の指示に従って受験してください。

5.合格発表
試験実施後約1ヶ月を目処に合否を判定し、その旨通知致します。

6.認定証交付
合格者で認定登録料入金済の方には、認定証を交付致します。