「認知症ケア指導管理士」検定が「日本の資格・検定」AWARDS2019にて「注目の資格・検定ランキング部門第3位」に表彰されました。

職業技能振興会はSpecial Olympics Nippon Tokyoを応援しています。

資格や検定を生かした就職・転職なら資格de就職をご利用ください。

受験申し込み
問い合わせ先
TEL : 03-3353-9181
FAX : 03-3353-9182
office@fos.or.jp
電話受付時間
10:00~13:30
14:30~18:00
休日 土曜・日曜・祝祭日

住所:〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷
5丁目16-6
パレ・ジュノ3階


Portfolio

ホーム/Portfolio/

住宅・建築 関連資格

2017-12-11T17:55:32+09:00

[fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]古民家鑑定士(外部リンク)

古民家の評価をすることを目的に創設された公的な資格です。
古民家鑑定士は、築50年以上の日本の住宅で使われていた伝統的な構法(伝統構法)並びに在来工法を理解し、そこに使用される伝統的な資材に精通し、古民家で培われた日本の気候風土に合った持続可能な住環境を次世代に継承していく為の知識と経験を兼ね備えなければいけません。その為には、解体された古民家などの建物から産出される木材や瓦、その他の資材を建築分野において再活用するための専門的な知識を身につけ、持続可能な建築物の調査、再活用の提案を行う事を業とし、未来の子ども達に残すべき日本の住文化を守り、活かし、伝えていく事です。それをユーザーに解りやすく伝える為に、古民家を調査し、古民家鑑定書を発行する業務を担います。
※本資格は3年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

・20歳以上
・古民家や古材・古瓦等の伝統的な建築や資材に興味のある方
認定試験スケジュールをご覧下さい。
例題1.古民家は湿気の多い冬場に快適に生活出来るように土壁やタタミなどの自然素材が使われている。
[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]○×で答えなさい。[/highlight]

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] × [/toggle][/accordian]

[separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””]
例題2.現在の住宅の平均耐用年数はわずか30年程度しかない。古民家の長期耐用性を学び現在の住宅にも
活かすことは大切である。
[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]○×で答えなさい。[/highlight]

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] ○ [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]伝統資財施工士(外部リンク)

伝統資財施工士とは、伝統資財施工士の名称において、解体された古民家などの建物から算出される木材を建築分野において再活用するための専門的な知識と技術を用い木材再利用建築の企画・施工を行うことを業とし、伝統資財施工士認定試験に合格し、厚生労働省認可財団法人職業技能振興会に備える伝統資財施工士名簿に登録を受けた者を指します。
※本資格は3年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

下記の1及び2の資格を両方有している事が条件となります。
1.古民家鑑定士(1 級)資格
2.下記のいずれかの資格
・一級建築士 / 二級建築士 / 木造建築士
・建設業法による技術検定
- 建設機械施工技士(一級・二級)
- 土木施工管理技士(一級・二級)
- 建築施工管理技士(一級・二級)

詳しくは⇒⇒伝統資財施工士情報をご覧ください。

講習日ならびに試験日についてはスケジュールでご確認下さい。

認定講習スケジュール
認定試験スケジュール

例題1.伝統資財施工士とは木造住宅の改修のための設計施工並びに提案を行う資格者である。
[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]○×で答えなさい。[/highlight]

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] ○ [/toggle][/accordian]

[separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””]
例題2.古民家などの伝統構法の小屋組は折置組と呼ばれる柱の上に桁を載せ、この桁の上に「渡りあご」または「蟻掛け」で小屋梁を架け渡す小屋梁の端部と柱の納め方である。
[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]○×で答えなさい。[/highlight]

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] × [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]赤外線建物診断技能師

太陽光発電設置など自然エネルギー代替の増加、平成20年4月の国土交通省による特殊建築物の定期報告制度の見直しなどにより、建築物の赤外線診断技能取得者の需要が高まっています。診断価格、診断工期の負担軽減、住居者への配慮などから、適切な赤外線診断技術を要する人材の育成が急務です。この認定試験は赤外線による建物診断能力を有しているか判定するものです。
※本資格は2年毎の資格更新制度があります。

・どなたでも受験頂けます。

※公式テキストは一般社団法人街と暮らし環境再生機構ホームページからご購入できます【3,000円(税別)】。
※試験対策研修は一般社団法人街と暮らし環境再生機構で実施

・第64回試験(4月~9月)
第64回スケジュール(4月~9月)PDF
準備中
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]住宅建築コーディネーター

夢のマイホーム実現のために、専門的立場から住宅建築をコーディネートし、家づくりに関わる各分野の専門家を結びつけ、お客様の理想の家づくりを叶えることが可能となります。
マイホームを手に入れるための様々な手段や方法を理解した上で、お客様はどのような方法でマイホームを手に入れられるのかをアドバイスし、家を手に入れるまでのトータルなサポートを行います。ライフプランから資金計画、不動産、建築設計と専門的な知識と経験をもって適切なコーディネートを行い、理想の家づ くりをサポートします。
※本資格は3年毎の資格更新制度があります。

・18歳以上(性別・学歴・職業・経験を問いません。)
■ 試験日時
平成28年7月6日(水)13:30~15:30 (受付は13:15~)

第33回試験会場
・北海道:北海道建設会館
・宮 城:仙都会館
・東 京:東京セミナー学院
・愛 知:名古屋企業福祉会館
・大 阪:日刊工業新聞社ビル
・広 島:RCC文化センター
・福 岡:福岡県立ももち文化センター
※受験者には会場地図を送付します。

例題1.住宅建築コーディネーターの役割で正しいものを[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]一つ選びなさい。[/highlight]

① 家づくりに関わるすべての流れを把握し、資金・不動産・設計・施工など住宅建築に必要な専門分野を繋ぎ、すべてにおいての知識が必要で、どの専門業種の代理でも業務が行えるようにする。
② 住宅建築をスムーズに進めるために必要な専門的な知識を全て身につけ、専門分野につなぐ事が大切である。
③ 一生に一度の大きな買い物である家なので、様々な相談の解決ができるように、コーディネーターとして相談にのり各専門家につなぐ。
④ お客様が家に何を求め、その要望を叶えるためにはどんな家づくりの方法が合うかをコーディネーターが判断できるようになればよい。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] 3 [/toggle][/accordian]

[separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””]
例題2.住宅建築の各プロセスについて間違っているものを[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]1つ選びなさい。[/highlight]

① 建築家住宅は近年少しずつ増えてきた、設計事務所・建築士と建てる方法であり、注文住宅に含まれます。建築士が4~6ヶ月お客様とプランニングをし、設計図を10~30枚程度書く。
② 建築家住宅は予算にもよるがお客様のイメージをすべて叶えることができるが、金額やスケジュールがずれやすいため、最も綿密な計画が必要である。
③ アフターケアにおいて、一般的には企業規模から信用を求めるならハウスメーカー、対応力を求めるなら地元の工務店がお勧めである。
④ 近年、中古住宅を購入後、自分たちのスタイルに合わせて家づくりをする方法として、既存の建物を改修・改装するリノベーションが増えつつあるが、戸建よりマンションの方が多くの割合を占める。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] 1 [/toggle][/accordian]
[separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””]
例題3.お客様が住宅を計画する上ですべきことについて[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]正しいのはいくつあるか答えなさい。[/highlight]

① 住宅展示場や完成見学会に行き、実際に建っている建物を見ることで、何が好きでどんなものを取り入れたいかを明確にしておくことで、好みのインテリアや建物のイメージなど自分自身の基準を作ることができる。
② 暮らし方・生き方を考えることは、子育ての方針や夫婦、家族の過ごし方などを考えた時に、そのスタイルではどのような家の形が望ましいのかを導き出すことにつながり、理想の家の間取りが見えやすくなる。
③ 理想とする人生を送るために必要なお金を考えたとき、住宅のことだけではなく子どもにかかる費用や趣味に費やす計画など、住宅にかけるお金以外のこともすべて踏まえた計画が必要不可欠である。
④ 新築またはリフォームする場合は、現在住んでいる不満点などの検証は不要である。

1. 0   2. 1つ   3. 2つ   4. 3つ

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] 4 [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][separator style_type=”none” top_margin=”” bottom_margin=”” sep_color=”” border_size=”” icon=”” icon_circle=”” icon_circle_color=”” width=”” alignment=”” class=”” id=””]

健康・福祉・介護 関連資格

2017-12-11T17:55:32+09:00

[fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]シニア福祉アドバイザー

本資格は、高齢者に対する日々の見守りや看取りに必要な知識や体験をまとめたものであり、試験を通じて皆様が超高齢社会の重要な担い手としてご活躍されることを期待して実施されます。 世界の中でも最も早く超高齢社会の問題に直面した日本が、シニア福祉アドバイザーという「人財」を通じて、暖かな家族のように繋がり支え合う社会を構築し、誰もがいきいきと安心して暮らせる社会が実現されることを心より願っています。
※本資格は2年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

・特になし
■ 試験日時
第5回試験
平成28年6月19日(日) 14:00~15:10
直前講習(任意受講)は同日の10:00~13:00に行います。

(1)願書送付期限 :  平成28年5月27日(金)
(2)受験料振込期限:     平成28年5月27日(金)
(3)直前講習受講料振込期限: 平成28年5月27日(金)

・(2)(3)は合算での振込み可
・期限厳守(受験料振込、出願書類一式到着で申込完了となります。)
注:受験票の発送は、5月末から順次発送となります。

■ 試験会場
・東京会場 東京都トラック総合会館
・愛知会場 ウィルあいち
・大阪会場 新大阪丸ビル 新館
・兵庫会場 姫路商工会議所 新館
・京都会場 京都リビング新聞社ビル 2階
※受験者には会場地図を送付します。

■ 試験時間
14:00 ~ 15:10

準備中
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]介護口腔ケア推進士

厚生労働省の「介護保険事業状況報告書(暫定)平成25年8月分」によると在宅、施設、地域密着型サービスを受けた方は実に477万人になっております。高齢になれば体力の衰え、身体機能の低下、免疫力の低下により病気になりやすいといった症状が現れます。
しかし、どんな状態になっても「食べること」はやめられません。 自分の口でおいしく、楽しく食事するという人間にとって最も大切な行為の機能を維持・回復することで、QOLの向上につながります。そのためには“口腔”の衛生管理が大事になってきます。口腔ケアすることで口腔の持つ働きを健全に維持し、口腔の疾患・全身の疾患を予防することができます。施設内に「口腔ケア」に熟知した介護者がいることで、利用者がより快適に、明るくいきいきと生活ができるようになり、利用者が自分の口で食べられるようになれば介護者の負担軽減に結びつきます。この資格は介護者が口腔ケアの知識を深めることで、介護を受ける人とその家族に対して、安心で快適な生活を提供できるようにする資格です。
※本資格は2年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

・特になし
■ 試験日時
第11回 平成28年6月12日(日)
・受験料振込期限 平成28年5月13日(金)
・願書送付期限  平成28年5月16日(月)

※受験者各位への受験票発送は、上記期限後になります。(およそ試験日1週間前の到着となりますことを、予めご了承下さい。)

■ 試験会場
第11回
・東京会場:全国家電会館
・福岡会場:ももちパレス
・札幌会場:協同組合 札幌総合卸センター

※受験者には会場地図を送付いたします。

■ 試験時間
第11回
15:30~16:40

■ 試験日時
第12回 平成28年8月28日(日)
・受験料振込期限 平成28年7月29日(金)
・願書送付期限  平成28年8月1日(月)

※受験者各位への受験票発送は、上記期限後になります。(およそ試験日1週間前の到着となりますことを、予めご了承下さい。)

■ 試験会場
第12回
・名古屋会場:名古屋企業福祉会館

※受験者には会場地図を送付いたします。

■ 試験時間
第12回
14:00~15:10

 

例題1.[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]口腔ケアの効果について、誤っているものはどれか。[/highlight]

A 口腔内の清掃ができる。
B 口腔の疾病を予防することが期待できる。
C 消化能力の改善。
D 栄養補給をすることが可能となる。
E 摂食・嚥下機能を維持することにつながる。

① A  ② B  ③ C  ④ D  ⑤ E

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] ④ [/toggle][/accordian]
[separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””]
例題2.[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]嚥性肺炎について、誤っているものはどれか。[/highlight]

A 体力や抵抗力がある人は、肺炎にかかりにくい。
B 嚥下機能が低下した人は、細菌性の肺炎にかかりにくい。
C 誤嚥性肺炎は口の中の細菌が肺まで達して、炎症を引き起こすことで発症する。
D せきはむせに対する正常な生理反応である。
E 不顕性誤嚥は、熟睡時に起こることが多い。

① A  ② B  ③ C  ④ D  ⑤ E

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] ② [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]ケアストレスカウンセラー

本資格では、心とは何か、心が病むとどうなるか、そして心と心が出会った時(コミュニケーション)の学びを通して、パーソナリティ(人格)の形成のメカニズムやメンタル疾患の症例(躁病/うつ病/統合失調症/恐怖症/パニック障害/PTSDなど)、心理療法(精神分析療法/クライエント中心療法/認知療法など)、治療の方法(精神療法/薬物療法)、などメンタル疾患に関して正確な知識を把握し、万が一メンタル疾患と疑われる場合どのように対処すればよいかを習得することを目的とします。

・18歳以上
■ 試験日程
第17回試験
●日程:平成28年9月11日(日)
●場所:東京会場(会場調整中)
大阪会場(会場調整中)
名古屋会場(会場調整中)
※会場につきましては、決まり次第お知らせ致します。
●試験時間
・ケアストレスカウンセラー認定試験 10:00~11:00

第18回試験
●日程:平成28年12月18日(日)
●場所:会場調整中
※会場につきましては、決まり次第お知らせ致します。
●試験時間
・ケアストレスカウンセラー認定試験  10:00~11:00

例題1.次の文章で、[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]正しいものには○、間違っているものには×をつけなさい。[/highlight]

① 積極的傾聴の考え方は、ロジャースが提唱したものである。
②  相手が正しいことを言っているか、チェックしながら聴く。
③ すぐにあれこれアドバイスするのは避ける。
④ 積極的傾聴に必要な態度は、共感と信頼、謙遜である。
⑤ 相手の言葉だけでなく、非言語的コミュニケーションにも注意を払う。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”]① ○   ② ×   ③ ○   ④ ×   ⑤ ○ [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]青少年ケアストレスカウンセラー

ケアストレスカウンセラー認定試験とは、現代のストレス社会において、年齢や様々な環境によって異なる心の問題に対して、 より専門的で的確なアドバイス・カウンセリングが行えるよう、カウンセラーとしての資質の向上、 及び社会的地位の向上を図り、医療の発展に寄与する能力を有しているか判定する認定試験です。 個人のストレス対策にも効果的です。

・18歳以上で、財団法人職業技能振興会が認定する准ケアストレスカウンセラー 及び青少年(または企業中間管理職または高齢者)ケアストレスカウンセラー認定試験対策講座を修了した者。

・18歳以上で、財団法人職業技能振興会が認定する准ケアストレスカウンセラーと同等の知識を有すると財団が認めた者で、青少年(または企業中間管理職または高齢者)ケアストレスカウンセラー認定試験対策講座を修了した者。

■ 試験日程
第17回試験
●日程:平成28年9月11日(日)
●場所:東京会場(会場調整中)
大阪会場(会場調整中)
名古屋会場(会場調整中)
※会場につきましては、決まり次第お知らせ致します。
●試験時間
・青少年ケアストレスカウンセラー認定試験     11:20~12:20
・高齢者ケアストレスカウンセラー認定試験     12:40~13:40
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー認定試験 14:00~15:00

第18回試験
●日程:平成28年12月18日(日)
●場所:会場調整中
※会場につきましては、決まり次第お知らせ致します。
●試験時間
・青少年ケアストレスカウンセラー認定試験     11:20~12:20
・高齢者ケアストレスカウンセラー認定試験     12:40~13:40
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー認定試験 14:00~15:00

例題1.[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]次の文章を読んで、適切なものを1つ選びなさい。[/highlight]

『35歳の夫と28歳の妻、5歳の子どもがいる。夫の仕事がうまくいかなくなり、飲酒量も増え、酔った勢いで妻に対して、暴力を振るうようになった。朝になると、夫は謝りながら、自分が壊したものなどの後片付けをし「もう2度とこんなことはしない」と誓うが、2,3日後にはまた同じことが繰り返され、妻はあざや傷が絶えない状態であった。子どもに対しての暴力はなかった。』本ケースに関して、

A これは夫婦喧嘩であるので、警察も手出しは出来ない。
B 妻は、絶対に逃げ出さなければと思っているはずである。
C DVのサイクルの中で「2度とこんなことはしない」と謝る時期を、「緩和期」という。
D 子どもには暴力は振るっていないので、子どもの心配はない。
E このことが妻の心の傷となって、PTSDを引き起こすことも考えられる。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] E [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]高齢者ケアストレスカウンセラー

ケアストレスカウンセラー認定試験とは、現代のストレス社会において、年齢や様々な環境によって異なる心の問題に対して、 より専門的で的確なアドバイス・カウンセリングが行えるよう、カウンセラーとしての資質の向上、 及び社会的地位の向上を図り、医療の発展に寄与する能力を有しているか判定する認定試験です。 個人のストレス対策にも効果的です。

・18歳以上で、財団法人職業技能振興会が認定する准ケアストレスカウンセラー 及び青少年(または企業中間管理職または高齢者)ケアストレスカウンセラー認定試験対策講座を修了した者。

・18歳以上で、財団法人職業技能振興会が認定する准ケアストレスカウンセラーと同等の知識を有すると財団が認めた者で、青少年(または企業中間管理職または高齢者)ケアストレスカウンセラー認定試験対策講座を修了した者。

■ 試験日程
第17回試験
●日程:平成28年9月11日(日)
●場所:東京会場(会場調整中)
大阪会場(会場調整中)
名古屋会場(会場調整中)
※会場につきましては、決まり次第お知らせ致します。
●試験時間
・青少年ケアストレスカウンセラー認定試験     11:20~12:20
・高齢者ケアストレスカウンセラー認定試験     12:40~13:40
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー認定試験 14:00~15:00

第18回試験
●日程:平成28年12月18日(日)
●場所:会場調整中
※会場につきましては、決まり次第お知らせ致します。
●試験時間
・青少年ケアストレスカウンセラー認定試験     11:20~12:20
・高齢者ケアストレスカウンセラー認定試験     12:40~13:40
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー認定試験 14:00~15:00

例題1.[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]次の文章を読んで、適切なものを1つ選びなさい。[/highlight]

『65歳の男性。退職に伴い、外出の機会も減り、気分の落ち込みを感じるようになった。集中力もなくなり、イライラとしている様子もよく見られた。しかし、睡眠状態も食欲も悪くはなく、家族といるときは比較的リラックスしており、友人と釣りやゴルフなども楽しんでいる。』本ケースでは、

A うつ病が疑われる。
B 退職がきっかけだが、それはどうしようもないことなので、特に環境調整は必要ない。
C 今の時点では入院は必要ない。
D この状態はストレス要因よりも、身体疾患の影響が強い。
E 抑うつ症状が強くても、抗うつ薬は効果がないことが多い。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] C [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]企業中間管理職ケアストレスカウンセラー

ケアストレスカウンセラー認定試験とは、現代のストレス社会において、年齢や様々な環境によって異なる心の問題に対して、 より専門的で的確なアドバイス・カウンセリングが行えるよう、カウンセラーとしての資質の向上、 及び社会的地位の向上を図り、医療の発展に寄与する能力を有しているか判定する認定試験です。 個人のストレス対策にも効果的です。

・18歳以上で、財団法人職業技能振興会が認定する准ケアストレスカウンセラー 及び青少年(または企業中間管理職または高齢者)ケアストレスカウンセラー認定試験対策講座を修了した者。

・18歳以上で、財団法人職業技能振興会が認定する准ケアストレスカウンセラーと同等の知識を有すると財団が認めた者で、青少年(または企業中間管理職または高齢者)ケアストレスカウンセラー認定試験対策講座を修了した者。

■ 試験日程
第17回試験
●日程:平成28年9月11日(日)
●場所:東京会場(会場調整中)
大阪会場(会場調整中)
名古屋会場(会場調整中)
※会場につきましては、決まり次第お知らせ致します。
●試験時間
・青少年ケアストレスカウンセラー認定試験     11:20~12:20
・高齢者ケアストレスカウンセラー認定試験     12:40~13:40
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー認定試験 14:00~15:00

第18回試験
●日程:平成28年12月18日(日)
●場所:会場調整中
※会場につきましては、決まり次第お知らせ致します。
●試験時間
・青少年ケアストレスカウンセラー認定試験     11:20~12:20
・高齢者ケアストレスカウンセラー認定試験     12:40~13:40
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー認定試験 14:00~15:00

例題1.[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]次の文章にあてはまるものを、下の語群から選びなさい。(すべて正解して得点とします。)[/highlight]

『ストレスへの対処法のことを( ① )という。ストレス状況を積極的に変えていこうとするのは( ② )で、ストレス状況が生み出す不快な感情を解消しようとするのは( ③ )である。上手にストレスに対処するためには( ④ )であることや、問題解決スキル、対人関係をスムーズに保つ( ⑤ )などが必要である。』

〔語群〕A 問題焦点型コーピング  B 情動焦点型コーピング  C 感情焦点型コーピング
D ストレス・コーピング  E 身体的に健康  F ストレス解消法  G 社会的スキル

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”]  ① D  ② A  ③ B  ④ E  ⑤ G  [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]マスターケアストレスカウンセラー

ケアストレスカウンセラーの3資格を取得した者を、「ケアストレスカウンセラーのスペシャリスト」『マスターケアストレスカンセラー』 として認定します。

・青少年ケアストレスカウンセラー
・高齢者ケアストレスカウンセラー
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー

上記3資格全てを取得している方

試験日程は特にありません。
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]健康予防管理専門士

「健康予防管理専門士」は、健康の保持と増進を進める具体的な方法など、健康予防管理・指導の専門知識や専門技術を身につけ、その推進及び普及を役割と し、企業や団体において、社員・職員や家族に対し指導やカウンセリングを行ないます。また自治体等と協力して、地域住民の健康維持・増進に向けた指導を行 なうなど、ボランティア活動に活かすこともできる認定資格です。
※本資格は2年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

・特になし
■ 試験日時
第13回 平成28年7月3日(日)
受験料振込期限 平成28年5月13日(金)
願書送付期限  平成28年5月16日(月)※当日消印有効
※受験料振込及び受験願書送付で申込完了となります。

■ 試験会場

第13回試験会場(全国7会場)
札幌・ 仙台・ 東京・ 名古屋・ 大阪・富山・ 福岡
※各会場は調整中です。決定次第、お知らせします。

■ 試験時間
13:30~15:00

準備中
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]認知症ケア指導管理士[初級]

認知症高齢者が増加する現在、医療・介護現場で働くスタッフの、認知症に対する専門性と質の向上が大きな課題となっております。「認知症ケア指導管理士」 は医療・介護現場で働く方のスキル・アップを目的とした認定資格です。もちろん、自宅で認知症高齢者を介護するご家族にとっても最適な資格と言えます。
※本資格は2年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

・特になし
■ 試験日時
第13回 平成28年7月3日(日)
受験料振込期限 平成28年5月13日(金)
願書送付期限  平成28年5月16日(月)※当日消印有効

※受験料振込及び受験願書送付で申込完了となります※

■ 試験会場
第13回試験会場(全国8会場)
札幌・ 仙台・ 東京・ 名古屋・富山・ 大阪・ 福岡・長崎
※各会場は調整中です。決定次第、お知らせします。

■ 試験時間
10:30~12:00

例題1.[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]アルツハイマー型認知症について、正しい記述を2つ選びなさい。[/highlight] * 実際の試験問題は択一問題です。

A 病状の経過に伴い症状が変化する。
B 症状の進行は急激であり2~3年で寝たきりとなる。
C 女性より男性の発症が多い傾向がある。
D 脳細胞の部分的な萎縮が起こる。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] A C [/toggle][/accordian]
[separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””]
例題2.[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]認知症の人とのコミュニケーションについて、正しいものを3つ選びなさい。[/highlight]

A 認知症の進行に伴い、視覚よりも聴覚に訴えることが効果的になる。
B 話を中断されると次の言葉が思い出せないなどの混乱が起きるため、後の話は続けず会話を中止する。
C 認知症の進行に伴い、コミュニケーションの方法は「言語的な方法」より「非言語的な方法」が多くなる。
D 介護者からかけられた「言葉」や向けられた「表情」等は、利用者心理に影響を与える。
E 利用者の背景を知るとともに、介護者も自身を知ることが必要である。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] C D E [/toggle][/accordian]

[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]上級認知症ケア指導管理士

「上級認知症ケア指導管理士」は、介護・医療現場における認知症および認知症ケアに対する専門性を高め、指導者としての人材の育成を目的に「認知症ケア指導管理士(初級)」の上級資格として創設しました。
※本資格は2年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

受験資格:①②③ のいづれかの条件を満たす者

①認知症ケア指導管理士(初級)資格取得より1年を経過した者
「第1回試験(平成22年7月実施)~ 第9回試験(平成26年7月実施)の合格者」

②第10回試験(平成26年12月実施)の合格者で、国家資格または国家資格に準ずる資格(下記※1参照)を所持する者。

③国家資格または国家資格に準ずる資格(下記※1参照)を所持する者で、認知症ケア指導管理士(初級)資格を併願受験する者(初級資格 未取得者)

※1
医師・歯科医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護支援専門員・介護福祉士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語資格士・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・管理栄養士(栄養士含む)・精神保健福祉士

■ 試験日時
・一次試験 平成28年 7月3日(日)
(・二次試験 平成28年12月初旬予定)

一次試験申込期間
受験料振込期限  平成28年5月13日(金) ※締切厳守※
願書送付期限  平成28年5月16日(月)当日消印有効
※受験料振込及び受験願書送付で申込完了となります※

■ 試験会場
東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・福岡
(試験会場の詳細は、受験者人数が確定後の決定となります。受験票をご確認下さい。)

■ 受付期間
二次試験のご案内は、一次試験合格者にご連絡いたします。第3回上級認知症ケア指導管理士試験実施日は、平成28年12月を予定しております。

準備中
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]整容介護コーディネーター

「整容介護コーディネーター」は、福祉・医療現場で高齢者・障害者の美容ニーズに対応できる、整容介護の専門知識・技術を身につけ、高齢者・障害者の生きがいづくりと精神的なケアの確立のために活動を行なうことを目的とした資格です。
※本資格は2年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

・特になし
■ 試験日時
第13回 平成28年7月3日(日)
受験料振込期限 平成28年5月13日(金)
願書送付期限  平成28年5月16日(月)※当日消印有効
※受験料振込及び受験願書送付で申込完了となります。

■ 試験会場
第13回試験会場(全国7会場)
札幌・ 仙台・ 東京・ 名古屋・ 大阪・富山・ 福岡
※各会場は調整中です。決定次第、お知らせします。

■ 試験時間
13:30~15:00

準備中
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]