Project Description

[fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]古民家鑑定士(外部リンク)

古民家の評価をすることを目的に創設された公的な資格です。
古民家鑑定士は、築50年以上の日本の住宅で使われていた伝統的な構法(伝統構法)並びに在来工法を理解し、そこに使用される伝統的な資材に精通し、古民家で培われた日本の気候風土に合った持続可能な住環境を次世代に継承していく為の知識と経験を兼ね備えなければいけません。その為には、解体された古民家などの建物から産出される木材や瓦、その他の資材を建築分野において再活用するための専門的な知識を身につけ、持続可能な建築物の調査、再活用の提案を行う事を業とし、未来の子ども達に残すべき日本の住文化を守り、活かし、伝えていく事です。それをユーザーに解りやすく伝える為に、古民家を調査し、古民家鑑定書を発行する業務を担います。
※本資格は3年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

・20歳以上
・古民家や古材・古瓦等の伝統的な建築や資材に興味のある方
認定試験スケジュールをご覧下さい。
例題1.古民家は湿気の多い冬場に快適に生活出来るように土壁やタタミなどの自然素材が使われている。[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]○×で答えなさい。[/highlight] [accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] × [/toggle][/accordian] [separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””] 例題2.現在の住宅の平均耐用年数はわずか30年程度しかない。古民家の長期耐用性を学び現在の住宅にも
活かすことは大切である。[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]○×で答えなさい。[/highlight] [accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] ○ [/toggle][/accordian]
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]伝統資財施工士(外部リンク)

伝統資財施工士とは、伝統資財施工士の名称において、解体された古民家などの建物から算出される木材を建築分野において再活用するための専門的な知識と技術を用い木材再利用建築の企画・施工を行うことを業とし、伝統資財施工士認定試験に合格し、厚生労働省認可財団法人職業技能振興会に備える伝統資財施工士名簿に登録を受けた者を指します。
※本資格は3年ごとに更新が必要です。資格証更新講習を受講することで資格証の更新ができます。

下記の1及び2の資格を両方有している事が条件となります。
1.古民家鑑定士(1 級)資格
2.下記のいずれかの資格
・一級建築士 / 二級建築士 / 木造建築士
・建設業法による技術検定
- 建設機械施工技士(一級・二級)
- 土木施工管理技士(一級・二級)
- 建築施工管理技士(一級・二級)

詳しくは⇒⇒伝統資財施工士情報をご覧ください。

講習日ならびに試験日についてはスケジュールでご確認下さい。

認定講習スケジュール
認定試験スケジュール

例題1.伝統資財施工士とは木造住宅の改修のための設計施工並びに提案を行う資格者である。[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]○×で答えなさい。[/highlight] [accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] ○ [/toggle][/accordian] [separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””] 例題2.古民家などの伝統構法の小屋組は折置組と呼ばれる柱の上に桁を載せ、この桁の上に「渡りあご」または「蟻掛け」で小屋梁を架け渡す小屋梁の端部と柱の納め方である。[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]○×で答えなさい。[/highlight] [accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] × [/toggle][/accordian]
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]赤外線建物診断技能師

太陽光発電設置など自然エネルギー代替の増加、平成20年4月の国土交通省による特殊建築物の定期報告制度の見直しなどにより、建築物の赤外線診断技能取得者の需要が高まっています。診断価格、診断工期の負担軽減、住居者への配慮などから、適切な赤外線診断技術を要する人材の育成が急務です。この認定試験は赤外線による建物診断能力を有しているか判定するものです。
※本資格は2年毎の資格更新制度があります。

・どなたでも受験頂けます。

※公式テキストは一般社団法人街と暮らし環境再生機構ホームページからご購入できます【3,000円(税別)】。
※試験対策研修は一般社団法人街と暮らし環境再生機構で実施

・第64回試験(4月~9月)
第64回スケジュール(4月~9月)PDF
準備中
[/three_fourth][/fullwidth][fullwidth background_color=”” background_image=”” background_parallax=”none” enable_mobile=”no” parallax_speed=”0.3″ background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” video_url=”” video_aspect_ratio=”16:9″ video_webm=”” video_mp4=”” video_ogv=”” video_preview_image=”” overlay_color=”” overlay_opacity=”0.5″ video_mute=”yes” video_loop=”yes” fade=”no” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”solid” padding_top=”10px” padding_bottom=”20px” padding_left=”0px” padding_right=”0px” hundred_percent=”no” equal_height_columns=”no” hide_on_mobile=”no” menu_anchor=”” class=”” id=””][one_fourth last=”no” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””][imageframe lightbox=”no” lightbox_image=”” style_type=”dropshadow” hover_type=”none” bordercolor=”” bordersize=”0px” borderradius=”0″ stylecolor=”” align=”center” link=”” linktarget=”_self” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ hide_on_mobile=”no” class=”” id=””] [/imageframe][/one_fourth][three_fourth last=”yes” spacing=”yes” center_content=”no” hide_on_mobile=”no” background_color=”” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” background_position=”left top” border_position=”all” border_size=”0px” border_color=”” border_style=”” padding=”” margin_top=”” margin_bottom=”” animation_type=”” animation_direction=”” animation_speed=”0.1″ class=”” id=””]

[fontawesome icon=”fa-play” circle=”no” size=”medium” iconcolor=”#1e73be” circlecolor=”” circlebordercolor=”” flip=”” rotate=”” spin=”no” animation_type=”0″ animation_direction=”down” animation_speed=”0.1″ alignment=”left” class=”” id=””]住宅建築コーディネーター

夢のマイホーム実現のために、専門的立場から住宅建築をコーディネートし、家づくりに関わる各分野の専門家を結びつけ、お客様の理想の家づくりを叶えることが可能となります。
マイホームを手に入れるための様々な手段や方法を理解した上で、お客様はどのような方法でマイホームを手に入れられるのかをアドバイスし、家を手に入れるまでのトータルなサポートを行います。ライフプランから資金計画、不動産、建築設計と専門的な知識と経験をもって適切なコーディネートを行い、理想の家づ くりをサポートします。
※本資格は3年毎の資格更新制度があります。

・18歳以上(性別・学歴・職業・経験を問いません。)
■ 試験日時
平成28年7月6日(水)13:30~15:30 (受付は13:15~)

第33回試験会場
・北海道:北海道建設会館
・宮 城:仙都会館
・東 京:東京セミナー学院
・愛 知:名古屋企業福祉会館
・大 阪:日刊工業新聞社ビル
・広 島:RCC文化センター
・福 岡:福岡県立ももち文化センター
※受験者には会場地図を送付します。

例題1.住宅建築コーディネーターの役割で正しいものを[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]一つ選びなさい。[/highlight]

① 家づくりに関わるすべての流れを把握し、資金・不動産・設計・施工など住宅建築に必要な専門分野を繋ぎ、すべてにおいての知識が必要で、どの専門業種の代理でも業務が行えるようにする。
② 住宅建築をスムーズに進めるために必要な専門的な知識を全て身につけ、専門分野につなぐ事が大切である。
③ 一生に一度の大きな買い物である家なので、様々な相談の解決ができるように、コーディネーターとして相談にのり各専門家につなぐ。
④ お客様が家に何を求め、その要望を叶えるためにはどんな家づくりの方法が合うかをコーディネーターが判断できるようになればよい。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] 3 [/toggle][/accordian] [separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””] 例題2.住宅建築の各プロセスについて間違っているものを[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]1つ選びなさい。[/highlight]

① 建築家住宅は近年少しずつ増えてきた、設計事務所・建築士と建てる方法であり、注文住宅に含まれます。建築士が4~6ヶ月お客様とプランニングをし、設計図を10~30枚程度書く。
② 建築家住宅は予算にもよるがお客様のイメージをすべて叶えることができるが、金額やスケジュールがずれやすいため、最も綿密な計画が必要である。
③ アフターケアにおいて、一般的には企業規模から信用を求めるならハウスメーカー、対応力を求めるなら地元の工務店がお勧めである。
④ 近年、中古住宅を購入後、自分たちのスタイルに合わせて家づくりをする方法として、既存の建物を改修・改装するリノベーションが増えつつあるが、戸建よりマンションの方が多くの割合を占める。

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] 1 [/toggle][/accordian] [separator style_type=”none” top_margin=”5″ bottom_margin=”5″ sep_color=”” icon=”” width=”” class=”” id=””] 例題3.お客様が住宅を計画する上ですべきことについて[highlight color=”#eded00″ rounded=”no” class=”” id=””]正しいのはいくつあるか答えなさい。[/highlight]

① 住宅展示場や完成見学会に行き、実際に建っている建物を見ることで、何が好きでどんなものを取り入れたいかを明確にしておくことで、好みのインテリアや建物のイメージなど自分自身の基準を作ることができる。
② 暮らし方・生き方を考えることは、子育ての方針や夫婦、家族の過ごし方などを考えた時に、そのスタイルではどのような家の形が望ましいのかを導き出すことにつながり、理想の家の間取りが見えやすくなる。
③ 理想とする人生を送るために必要なお金を考えたとき、住宅のことだけではなく子どもにかかる費用や趣味に費やす計画など、住宅にかけるお金以外のこともすべて踏まえた計画が必要不可欠である。
④ 新築またはリフォームする場合は、現在住んでいる不満点などの検証は不要である。

1. 0   2. 1つ   3. 2つ   4. 3つ

[accordian class=”” id=””][toggle title=”この問題の回答を見る” open=”no”] 4 [/toggle][/accordian]
[/three_fourth][/fullwidth][separator style_type=”none” top_margin=”” bottom_margin=”” sep_color=”” border_size=”” icon=”” icon_circle=”” icon_circle_color=”” width=”” alignment=”” class=”” id=””]